アイスプラントとは?

アイスプラントってどんな野菜?
アイスプラントは日本のみならずフランスやベルギーなどでも高級食材として利用されており、多くの食通からも愛されている機能性野菜です。
そんなアイスプラントですが、南アフリカが原産地ということをご存じでしょうか?
アイスプラントの学術的な名前は、「Mesembryanthemum crystallinum(メセンブリアンテムム・クリスタリヌム)。 ちょっと難しそうな名前ですが、ラテン語では「正午に咲く花のつぼみ」の意味になるそうです。
その名の通り、アイスプラントは、正午の一番暑い時間帯でも花を咲かせることが出来るくらい、乾燥にとても強い植物なのです。
アイスプラントが乾燥に強いわけ

南アフリカの様な砂漠地帯では、日中に光合成をおこなってしまうと、その強烈な日差しのせいで、体の水分がどんどんと失われてしまいます。
そこで、アイスプラントは、日中気孔を閉じて、光合成による水分の蒸散を防ぎ、夜涼しくなってから二酸化炭素の取り込みを行います。そうするとことで、体内の水分減少を少しでも抑えることができるのです。
この様にアイスプラントは、一般的な植物が行う光合成と、砂漠の植物が行う特殊な光合成(CAM型光合成)の両方の光合成経路を兼ね備えた、たいへん珍しい植物なのです。

C3型光合成とは

一般的な植物が行う光合成経路で、カルビン・ベンソン回路とも呼ばれています。日中に、気孔から二酸化炭素を取り込んで、エネルギーに変換します。

CAM型光合成とは

乾燥地帯の植物が行う特殊な光合成経路です。日中は、蒸散による水分の損失を抑えるため気孔を閉じて、夜間涼しくなってから二酸化炭素を取り込みます。
キラキラ輝いて見えるのはどうして?

乾燥ストレスに強いアイスプラントですが、このパワーの秘密は、特殊な光合成だけではありません。
茎や葉にある透明でキラキラした袋状の細胞「ブラッター細胞」にも、その答えが隠されています。
砂漠の様に乾燥した大地は、土中のミネラル濃度が高いのですが、アイスプラントは、この吸収した余分なミネラルを茎の外側にあるキラキラとしたブラッター細胞に運んでいるのです。
このミネラル貯蔵庫こそが、アイスプラントがいつもキラキラ輝いてみえる理由なんですね!

アイスプラントの栄養価は?
メタボ対策野菜とか、血糖値を下げる野菜と言われるアイスプラントですが、一体どの様な機能性を備えているのでしょうか?
詳しく分析結果を見てみましょう!