植物工場について

植物工場から健康食品を

私たちは、これまで、植物工場事業として、栽培装置の開発や製造を行ってきました。従来の農業では不可能であった植物工場ならではの「ストレス負荷栽培システム」の応用例として、当社ではアイスプラントという植物に含まれるピニトールの含有量を増やすためのシステムを開発しました。
これらの経験より、植物工場においては野菜の安定供給、周年生産だけでなく、植物の特性を栽培環境により最大まで引き出し、特定の含有成分を高める事による健康食品原料やヘルスケア製品の生産まで植物工場の幅広い可能性を信じております。

これをきっかけに、「高濃度ピニトールアイスプラント」の自社栽培をし、これを食品原料とした栄養補助食品「グラシトール」を製品化。モンドセレクション金賞を5年連続で受賞しており、血糖値対策や日々の健康管理をサポートするサプリメントとして多くのお客様にご愛顧頂いております。

また機能性野菜の生産やハーブ類のストレス負荷栽培栽培による健康食品原料の開発にも取り組んでおります。

自社栽培の品質管理

無農薬栽培のこだわり

植物工場は、密閉型の室内で生産していますので、農薬を一切使用することがありません。ですから、私たちが生産したお野菜は、洗わなくても召し上がって頂けるくらいです。無農薬・無添加の植物は、弊社商品の原料です。生産から製造まで一貫して管理しております。

徹底した品質管理

自社栽培の植物は、毎日厳しい品質チェックをクリアしています。室内の温度や湿度、CO2濃度、養液の管理状態など、日々の点検項目は50以上にものぼります。温度や湿度が管理範囲を超えてしまうと、作物は耐えられず病気になってしまいます。細菌検査や重金属検査なども実施して、皆様へ安心と安全をお届けできる様に努めております。